家庭用美顔器がたるみ、毛穴、にきび、しみを改善!

美顔器の選び方 「毎日ケアしていても毛穴や黒ずみが気になる」「40代になって顔のほうれい線が気になってきた」「お金や時間がかかるエステに行かずに、家で本格的な美肌ケアを行いたい」

家庭用美顔器を購入する理由はいろいろあると思いますが、実際に調べてみると美顔器と一口にいってもさまざまな種類があり、どれを選ぶのが1番いいのか迷ってしまうことがあります。

当サイトでは各美顔器の特徴と、美顔器の種類別の選び方をまとめています。たるみやほうれい線にいい美顔器、美容だけでなく脱毛まで出来てしまう美顔器などさまざまなものがあるので、自分に合う美顔器選びにお役立てください。


家庭用美顔器の種類と特徴

家庭用美顔器は大きく分けて「超音波美顔器」「イオン導入・導出美顔器」「LED美顔器」「光美顔器」「レーザー美顔器」の5種類があります。

どの家庭用美顔器もある程度の美肌効果は見込めますが、美顔器の特製を知ることで毛穴やたるみ、ニキビなどの個別の悩みに対応することができるようになります。


超音波美顔器はたるみ、ほうれい線ケアができる

超音波美顔器とたるみ 超音波美顔器は、リフトアップをメインに、幅広いケアが行える傾向があります。

超音波美顔器のメインの用途は、肌の奥に超音波の振動を伝えて顔のたるみ、ほうれい線、しわをケアすることです。EMS搭載のものなら、表情筋を鍛えることもできます。

最大の特徴はリフトアップにありますが、超音波美顔器は他の種類の美顔器の機能を搭載しているものが多いです。特にイオン導出(毛穴ケア)イオン導入(美容ジェルの浸透力アップ)LED(エイジングケア、ニキビケア)を兼ねているものは多いです。

本体の価格は3~5万円程度です。イオン導出・導入美顔器と同じく美容ジェルとのセット購入を推奨するものが多いですが、美容ジェル付きの定期キャンペーンは2~6回(総額2~4万円)でやめることができるものが多いです。

  • 1超音波美顔器はたるみ、ほうれい線、しわにいい
  • 2イオン導入/導出、LEDを備えているものも
  • 3専用ジェル付きのものが多いが、定期コースの縛りは緩い傾向
超音波美顔器の選び方と商品比較表をチェック


イオン導出美顔器、イオン導入美顔器で毛穴をケア?

イオン美顔器とスキンケア イオン導出・導入美顔器は、日々のケアを確実に行うための美顔器です。ほぼすべてのイオン美顔器は導出・導入の機能を両方備えています。

イオン導出美顔器はイオンの力で肌の汚れを落としてくれます。そのため、普段の化粧落としでケアしきれない毛穴の角栓・角質や黒ずみの解消が期待できます。

イオン導入美顔器はその逆で、化粧水の効果を肌の奥まで浸透させて化粧水や美容液の美容成分を浸透しやすくしてくれます。専用のジェルをセットで販売しているものが多く、ジェルには美肌(コラーゲン)、美白(ビタミンC誘導体)、保湿(ヒアルロン酸)などの成分が含まれています。

本体の価格としては3万円未満で収まっているものが多いです。ただし、イオン導入美顔器は美容成分の豊富な化粧水・美容液を使ってこそ力を発揮できるので、専用美容液の価格もチェックしておいた方がいいでしょう。

注意したい点として、ほぼ同じ金額で購入できる超音波美顔器の多くがイオン導入・導出美顔器の機能を内蔵しているということです。そのため、特にこだわりがないのであれば超音波美顔器を選んだ方がお得といえるでしょう。

  • 1イオン導出美顔器は毛穴の角栓や黒ずみにいい
  • 2イオン導入美顔器は化粧水に含まれる美肌・美白・保湿効果などをサポート
  • 3ほぼ同じ価格の超音波美顔器がイオン導出・導入機能も備えている
イオン導出・導入美顔器の選び方と商品比較表をチェック



LED美顔器はニキビ、エイジングケアに適している

LED美顔器は専用ジェルやカートリッジなどの追加購入なしで使うことができる美顔器です。LEDは波長によって光の色が変わりますが、その波長を浴びることでさまざまな効果を得ることができます。

特に赤色LEDはエイジングケアに、青色LEDはニキビケアにいいことで有名で、一部の超音波美顔器にもこの2色が浴びられるLEDモードを搭載していることがあるほどです。

逆に言ってしまうと、LEDモード搭載の超音波美顔器を選べばアンチエイジング、ニキビ対策はできてしまうので、超音波美顔器を選んだ方がお得な場合もあります。

LED美顔器の価格は1~10万円と幅が広く、超音波美顔器には少ない4色以上の波長を浴びられる美顔器や、LEDを浴びている間両手が自由になる設置型の大型美顔器は高価になる傾向があります。

  • 1LED美顔器はエイジングケア(赤色)、ニキビケア(青色)などにいい
  • 2基本的に専用ジェルなどが不要で、美顔器単体で使用できる
  • 3一部の超音波美顔器には、ほぼ同じ価格でLEDモードが搭載されている


光美顔器は脱毛器としても使用できる

光美顔器と脱毛 光美顔器は脱毛しながらスキンケアしたい方向けの美顔器です。脱毛と美顔で2つ以上のカートリッジを交換しながらスキンケアを行うことが多いです。

光美顔器ならではの美顔効果としてはくすみやシミの改善(IPL)が期待できますが、後述のレーザー美顔器ほど強い効果はありません。光美顔器の中には、独自の美肌波長で産毛の処理とスキンケアと一緒に行える光美顔器などもあります。

光美顔器は4~15万円の商品が多いため、分割払いに対応しているサイトも多いです。光美顔器ごとに異なるカートリッジは消耗品なので、ショット数が少ない光美顔器は、定期的なカートリッジの追加購入が必要となるでしょう。

  • 1光美顔器のほとんどが脱毛器を兼ねている
  • 2IPL光美顔器なら肌のくすみやシミを改善。独自の美肌波長でスキンケアできる美顔器も有り
  • 3カートリッジに寿命があるため、ショット数が少ない光美顔器は追加購入がほぼ必須


レーザー美顔器はシミ取り効果が期待できる

レーザー美顔器とシミ レーザー美顔器は強力な波長でシミ取り効果が期待できる美顔器です。LEDやIPLよりも強い波長を肌に当てることで、一時的に細胞を破壊し、シミ・くすみのない新しい肌が生成されます。

レーザー美顔器は光美顔器よりもシミ取り効果が高いものが多く、一部のレーザー美顔器には脱毛モードもついています。

価格は4~6万と高価な美顔器が多いですが、LEDと同じく追加の費用は基本的にありません。

  • 1レーザー美顔器は波長が強くシミ取り効果が期待できる
  • 2一部のレーザー美顔器には脱毛モード有り
  • 3本体は高価だが、追加費用なしで使用できる
レーザー美顔器の選び方と商品比較表をチェック


家庭用美顔器ごとの特徴をまとめると・・・

美顔器 効果 本体価格 追加の費用 比較表
超音波美顔器 たるみ、ほうれい線、しわ
3~5万円

美容ジェルなど
イオン導出・イオン導入美顔器 毛穴の角栓・角質や黒ずみ
美容ジェルの浸透力アップ

3万円

美容ジェルなど
LED美顔器 エイジングケア(赤)、ニキビケア(青)など
1~10万円

本体だけで使える
光美顔器 脱毛、しみ、くすみ
4~15万円

カートリッジ
レーザー美顔器 しみ、くすみ(一部脱毛)
4~6万円

本体だけで使える

超音波美顔器はイオン導出・導入モード、LEDモードなどが備わっているものが多いので、一台で幅広いスキンケアを行うことができます。

光美顔器は超音波美顔器にない脱毛モードがあるのがポイントです。光美顔器とLED美顔器は似ているように見えますが、脱毛モードの有無や追加費用が大きく異なります。


どの美顔器を選ぶか迷ったときは、超音波美顔器がオススメ!

超音波美顔器をチェック 美顔器選びに迷った場合は、複数のモードを搭載した超音波美顔器からチェックするといいでしょう。

超音波美顔器自体はたるみ・しわ向けの美顔器ですが、イオン導出モードで毛穴ケア、イオン導入モードで美容ジェルや化粧水の浸透サポート、LEDモードでエイジングケアとニキビケアなど幅広いフェイシャルケアが行えます。

3万円前後から購入が可能なので、コスパもバツグンで、今ブームの美顔器なので割引キャンペーンなども複数のサイトで行われています。


超音波美顔器が安いのは罠?超音波美顔器を選ぶなら専用ジェルの価格もチェック!

超音波美顔器と美容ジェル 超音波美顔器は割引キャンペーンを行っているサイトが多いですが、よく調べると超音波美顔器のキャンペーンは本体価格が安くなる代わりに、美容ジェルなどの継続縛りがあるものが多いことが分かります。

せっかくコスパのいい家庭用美顔器を買ったのに、毎月届く専用ジェルが高価だとかえって出費がかさんでしまいそうですよね。

継続縛りが気になる方は、最低何回継続する必要があるか明記してある超音波美顔器を選ぶといいでしょう。超音波美顔器で継続縛りが明記してあるところだと、回数は2~6回程、総額でも2~4万円程度と美容ジェル代込みでも手の出しやすい価格に設定していることが多いです。

ただし超音波美顔器は専用のジェルと併用した方が当然効果を発揮しやすくなります。家庭用美顔器の効果を効率よく引き出したい方は、専用ジェルが縛りが終わった後も継続できる値段の美顔器を選ぶのも一つの方法です。