トップページ >  レーザー美顔器 >  レーザー美顔器と光美顔器の違い

レーザー美顔器と光美顔器の違い


一口に美顔器といってもその特徴はいろいろ。 その中でも特に間違えられやすいのがレーザー美顔器と光美顔器です。

まず、レーザー美顔器は、レーザーがもつ黒い色に反応する性質を利用してシミやくすみを改善するものです。 メラニン色素に当てた光が熱エネルギーに変換されることで細胞を刺激し、 新陳代謝を高るため、お肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーを促進するのです。 ですから、レーザー美顔器はシミ、くすみ、黒ずみなどに効果が期待できます。

一方の光美顔器は、特殊な光を利用してお肌の深部までエネルギーを届けることで、 コラーゲンの生成を促し、ターンオーバーを正常化したり、ニキビ菌の殺菌などの効果を発揮します。 さらに代謝を上げてリフトアップ効果、たるみやしわの改善も期待できます。

どちらも光を照射するものですが、レーザー美顔器と光美顔器の大きな違いは、その光の波長の幅や長さです。 レーザー美顔器は幅が短い光、光美顔器は幅が長い光を使用します。

つまり、光のほうが広範囲に渡って優しく照射するのに対して、レーザーは強いパワーの光を ピンポイントで照射できるというわけです。 ですから、レーザーには濃いシミのメラニン色素を破壊する力がありますが、光には、そこまでの力がないのです。

また、レーザーはパワーが強いため、痛みを伴います。 人によって感じ方は異なりますが、ほとんどの人は弾かれたような痛みを感じるようです。 それに比べて光のほうは、出力が弱いため、痛みは全くありません。